ワイン通販 - ワインネーション

2022.10 CALENDAR

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
TODAY
定休日

2022.11 CALENDAR

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
白金酒造/ 白金乃露 25度 1.8L 芋焼酎/

芋焼酎

白金酒造/ 白金乃露 25度 1.8L 芋焼酎/

定価:¥1,815

1,800(税込)

90ポイント獲得!今だけポイント5倍

90 円分キャッシュバック!

数量
商品番号
974778
発送予定
1~2営業日以内発送予定
送料について
2万円以上は送料無料(一部地域は除く)
お支払いについて

Amazonアカウントでカンタン決済!

楽天ポイントが貯まる!使える!

  • AmazonPay
  • PayPay
  • 楽天Pay
  • GMO後払い
  • クレジットカード
  • 銀行振込
  • 宅配業者:佐川急便 その他の宅配業者のご指定はできません。
  • 20,000円以上お買い上げで送料無料※一部地域は除く
  • 当店ではクール便の配送も承っております。
  • ご希望の商品を選択される際に、商品詳細ページでご指定ください。
  • 配送料金は配送地域、通常便・クール便ご指定によって異なりますので、通常配送料金表、クール便配送料金表をご確認ください。
  • 通常配送料金
    エリア地域通常料金2万円以上お買上げの場合
    北海道北海道1,300円600円
    東北青森県、岩手県、秋田県、宮城県、山形県、福島県1,100円300円
    関東茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県900円無料
    中部新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県850円無料
    近畿三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県750円無料
    中国鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県850円無料
    四国徳島県、香川県、愛媛県、高知県850円無料
    九州福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県950円100円
    沖縄沖縄県1,300円600円
    クール便配送料金表(オプション:+420円)
  • クール便をご希望の場合は+420円でクール便でお届け致します。(任意)
  • エリア地域通常料金2万円以上お買上げの場合
    北海道北海道1,720円1,020円
    東北青森県、岩手県、秋田県、宮城県、山形県、福島県1,520円720円
    関東茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県1,320円420円
    中部新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県1,270円420円
    近畿三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県1170420円
    中国鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県1,270円420円
    四国徳島県、香川県、愛媛県、高知県1,270円420円
    九州福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県1,370円520円
    沖縄沖縄県1,720円1,020円
    返品について
    お客様都合による返金
  • 当店ではお客様都合による返金は受け付けておりません。
  • 備考 取り扱い商品の性質上、お客様ご都合での返品は原則としてお受け致しかねますので、あらかじめご了承ください。

  • お客様都合による交換
  • 当店ではお客様都合による交換は受け付けておりません。
  • 備考 取り扱い商品の性質上、お客様ご都合での交換は原則としてお受け致しかねますので、あらかじめご了承ください。

  • 商品等の不具合による返金

    以下の条件にあてはまる場合、返金いたします。

  • 対応条件 商品の使用有無に関わらず、対応期間内に電話もしくはメール(お問い合わせフォーム)にてご連絡いただいたもののみ原則対応いたします。
  • 対応可能期間:商品到着後7日以内にご連絡をいただいた場合
  • 返金額 商品代金全額 返品送料 店舗負担 備考 梱包・発送作業には細心の注意を払っておりますが、万一、発送ミスや商品に不備な点がございました場合は、商品到着後7日以内に電話もしくはメール(お問い合わせフォーム)にてご連絡ください。すみやかに返品・交換させていただきます。商品は着払いにてご返送ください。

  • 商品等の不具合による交換

    以下の条件にあてはまる場合、商品等を交換いたします。

  • 対応条件:商品の使用有無に関わらず、対応期間内に電話もしくはメール(お問い合わせフォーム)にてご連絡いただいたもののみ原則対応いたします。
  • 対応可能期間:商品到着後7日以内にご連絡をいただいた場合 返品送料 店舗負担 再送料 店舗負担 備考 梱包・発送作業には細心の注意を払っておりますが、万一、発送ミスや商品に不備な点がございました場合は、商品到着後7日以内に電話もしくはメール(お問い合わせフォーム)にてご連絡ください。すみやかに返品・交換させていただきます。
  • 商品は着払いにてご返送ください。
  • ※同一商品の手配が不可能など交換に応じることができない場合がございます。その際は返金にてご了承ください。
  • この商品についてのレビュー
    レビューを書く

    レビューはまだありません

    白金酒造の定番酒。大正元年発売の、ロングセラー商品です。芋本来のほのかな甘みと旨味があり、雑味のないさっぱりとした後味は飲み飽きせず、毎日の晩酌用としておすすめです。

    白金酒蔵

    創業明治弐年 白金酒蔵

    いまどき贅沢でしょうか。大切なものを、大切に守るということ。

    西南戦争以前から昔ながらの伝統の技をかたくなに守り丹精込めた焼酎造りを続ける蔵元があります。ことにあたるのはただ「おいしい焼酎が造りたい」という思いだけ。たくさん造れなくてもいいのです。自然の恵みと、杜氏と呼ばれる人の技と時の育みをいかして…。

    白金酒蔵の歴史

    白金酒蔵は、明治2年に、創業者の川田和助により、「川田酒蔵店」として創業いたしました。
    「和助焼酎」の愛称で親しまれ、一世を風靡しました。かの西郷隆盛翁もたびたび蔵を訪れ、西南戦争の際には、蔵の焼酎をすべて買い上げた逸話も残っています。

    大正のはじめ、「白金乃露」と銘柄を改め、大正年間から昭和30年の頃まで、焼酎の代名詞になるほどの人気を博し、とりわけ地元の歓楽街である「天文館」では、「白金乃露のある店は繁盛する」とまで言われました。昭和61年、杜氏頭「黒瀬東洋海」は明治時代から現存する「石蔵」の中で、手造り蔵での製造を復興。以来、今日まで昔ながらの伝統ある造りを大切に製造をしております。

    文化財 「石蔵」

    創業当時から残る石造りの蔵「石蔵」。「加治木石」と呼ばれる石を組み上げて造った蔵です。石造りの蔵は外気の影響を受けにくく、一年を通じて、温度・湿度の変化が少なく、焼酎造りには適した環境です。蔵は麹を造る「室屋」と「甕」のある「仕込み場」に分かれています。昭和61年に明治時代から造られていた焼酎を再現すべく、杜氏頭「黒瀬東洋海」により製造を再開しました。平成13年に同市、山田地区にある「凱旋門」とともに国指定の登録有形文化財に指定されました。製造を続けている焼酎蔵としては、日本初のこととなります。毎年8月の盆明けから、翌年の1月末頃まで製造します。

    黒瀬杜氏

    鹿児島の伝統的な焼酎造りには常に「黒瀬杜氏」と呼ばれる存在があります。黒瀬杜氏は南さつま市笠沙にある、「黒瀬集落」を所縁とする杜氏集団です。黒瀬杜氏は焼酎造りの技術集団として明治時代から、鹿児島のみならず九州各地で活躍してきました。当時、焼酎造りの技術は門外不出とされており、また各地で焼酎を造った杜氏・蔵子達は製造が終わり里帰りした際に、技術について情報交換し、その積上げで黒瀬杜氏の地位を確固たるものに築きあげました。焼酎造りは体で体得するもので、長年の経験と勘がものをいう、まさに「技」の世界です。ピーク時には300名からいた杜氏も現在では30人ほどになってしまいました。白金酒造には毎年、杜氏頭「黒瀬東洋海」を筆頭に、杜氏たちが焼酎造りに携わります。

    焼酎造りに欠かせないのが、原料と「水」です。水は仕込みだけでなく、焼酎の割り水(蒸留した原酒はアルコール度数が35度以上と高いので、水で加水して、度数を25度などに調整すること)にも使われます。また、原料米や芋の洗浄などにも使われますので、良い水質であるうえに、水量が豊富でなければなりません。蔵では以前、蔵の裏山にある「布引の滝」より水を引いていましたが、十分な水量を確保できないことから、新しい水源を探すことになりました。重富には、かつて重富城があり、「武士は良い水の出る所に家を構えた」という言い伝えをもとに、近くの武家屋敷跡をボーリングし、良質の井戸を掘りあてました。この水はpHが7.7?8.4の弱アルカリ性の軟水で、トロッとした口当たりの良い水です。新しい井戸水で造られる焼酎の味は良く、これまで以上にうまくなったと評価が上がりました。

    磨き芋

    おいしい焼酎を造るために、一貫して行っている作業があります。仕込み時期になると、毎朝5時過ぎに新鮮な生芋が畑から届きます。さつま芋は根葉作物であるため、収穫時には表面に泥がいっぱいついているため、仕込み前の処理としてきれいに洗い、皮をむいた上に、焼酎の苦みの原因となるヘタや痛んだ箇所を徹底して取り除きます。人手を掛け、丁寧に処理されたぴかぴかの芋のことを蔵では「磨き芋」といいます。手間のかかる作業ですが、おいしい焼酎を造るための大事な工程のひとつです。白金酒造の焼酎はすべて「磨き芋」仕込みです。

    米麹

    芋焼酎の原料は一般的に、さつま芋と米麹を使います。米麹を造る工程を「製麹(せいきく)」といいます。米麹の役割は、原料のデンプンを麹菌のもつ酵素で糖に分解することです。そして酵母はモロミの中で分解された糖を養分にして、アルコールをつくります。米は粒状でデンプン価も高いので、製麹に最も適しています。米麹は焼酎となったときに、味わいに深みなどのアクセントをつける効果もあります。鹿児島はシラス土壌のため芋以外の作物が育ちにくく、米は大変な貴重品でした。しかし、よい「もと」(主原料を入れる前段階として、酵母を培養したもの。酒母ともいう)を造るため、貴重な米を使いました。近年では、「芋麹」の焼酎も見られるようになりましたが、白金酒造では伝統として米を麹に使っています。白金酒造では麹米の原料に「国産米」と「タイ米」を使用します。伝統的な造り(石蔵など)では「国産米」を使いますが、レギュラー商品などには「タイ米」を使います。どちらの米にも良い特徴がありますので、蔵元として焼酎の味に幅を持たせるため、製品によって麹米を使い分けています。

    木樽蒸留器

    白金酒造には「木樽蒸留器」があります。スギ材(クレ板)を組み合わせて造った手作りの蒸留器です。この蒸留器で造られる焼酎は、やわらかく、濃い味わいの焼酎になります。また、蒸留時に木の香りがつき個性的な酒質になります。木樽蒸留器は生きた蒸留器です。焼酎生産で蒸気を入れると暖められ膨張し、生産が終わると乾燥して隙間ができます。この繰り返しで次第に強度がなくなり、また防腐剤も使えないのでメンテナンスも非常に気を使います。どれだけ大事に使っても5?6年しか耐えられません。木樽蒸留器の樽を作るのは、日本でただ一人、鹿児島県曽於市大隈町の津留辰矢さんしかいません。蒸留を開始した直後、モロミが温まるまでの間に、木樽蒸留器は太鼓をたたくような音を出します。太鼓の音色が止んだ頃、焼酎が垂れ始めます。


    贈られた人の顔がほころぶ♪《プレミアムギフトラッピング》